読書感想文115

今回は「大和ミュージアム」館長の戸高一成氏と陸上自衛隊幹部学校講師をしていた大木毅氏の著書『帝国軍人』をご紹介します。

著者二人の対話集の形で構成されています。陸海軍の秘蔵話から、戦前と戦後の連続性と断絶性に日本軍の文書改竄問題、そして証言者なき時代にどう史資料と向き合うかまで、直に証言を聞いてきた二人が語りつくします。

とくに印象に残ったのは、百田尚樹著の『永遠の0』でも言われましたが、残っている史資料の文面や証言者の話を鵜呑みにするのではなく、その時代の状況や検閲等を考慮し真意を読み取る力が必要であると言う事です。

実に難しい事です。是非一読を・・・。

次の記事

読書感想文116New!!