読書感想文120

今回は久しぶりに、司馬遼太郎著の本をご紹介します。

タイトルは、「空海の風景」上下巻です。

正直言って、難しい二冊でした。そのために、時間がかかりました。

空海と言う僧侶は、あまりにも有名ですが、実際にどんな人かよく知りませんでした。

そんな状況で読みましたが、すごいの一言です。

一生と言う限られた時間の中でよくこれだけの業績が残せたと驚きました。

まさに天才!驚きの人生を過ごされた事に感銘しました。

前の記事

映画鑑賞

次の記事

読書感想文121New!!